OpenRTP 1.2系のインストール

eclipse_logo.png

RT Systemの開発を支援するために、RTCBuilderとRTSystemEditorを提供しております。この二つのツールをまとめてOpenRTPと呼びます。 RTCBuilderとRTSystemEditorは、Eclipse統合開発環境のプラグインとして作成された開発ツールです。そのため、RTCBuilderとRTSystemEditorを使用するには、EclipseとJavaの開発環境をインストールする必要があります。一括インストールスクリプトやMSIファイルを利用することにより簡単にインストールできます。また、ここでは、OpenRTP自体の開発を行うために必要な情報も説明していますが、OpenRTM-aistをユーザとして使用する場合は、下記のインストーラによるインストールを参照するだけで必要な情報は得られるはずです。

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1835
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア27
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク