ソースからのビルド(Windows編)

Windows上でソースパッケージからインストールしたい場合、OpenRTM-aist-Pythonを自分でビルドする必要があります。

ビルド環境

  • Python
  • omniORBpy
  • Doxgen

が必要です。以下に入手方法を説明しますのでインストールしてください。

Python

Python 2.7(もしくは3.6、3.7)が必要です。以下のサイトから最新のものを取得しインストールしてください。

以降の説明では、Pythonのインストールに際して以下の設定が必要です。(その他はインストーラのデフォルト設定です。)

  • インストール先をC:\PythonX.Yに設定。
    • X.Yは2.7か3.6か3.7、例:C:¥Python2.7など。
  • Python3.7ではインストール時に[Customize Installation]を選択。
  • コマンドサーチパス(環境変数PATHに設定されるパス)に上記ディレクトリが含まれていること。
    • 3.7ではインストール中に[Add Python to environmental variable]にチェックを入れればインストーラが設定します
    • その他の場合は手動で設定する必要があります。

omniORBpy

OpenRTM-aist-PythonのビルドにはomniORBpyのライブリが必要です。omniORBpyは以下のリンクから、必要なファイルを入手できます。

また、公式サイトからはソースが入手できます。

openrtm.orgのサイトのファイルは、特別な理由がない限りは最新版(現時点では4.2.3)を使用することを推奨します。また、複数のファイルがあり、そのファイル名の意味は以下になります。説明にあわせて使用するファイルを選択してください。

ファイル名の書式は、以下のフォーマットになっています。

omniORB-x.y.z-{win32|x64}-{vc100|vc110|vc120|vc140}-{py27|py36|py37}.zip

ここで、
x.y.z:
omniORBのバージョン、例えば4.2.3
win32
32ビット版のPythonを使う場合
x64
64ビット版のPythonを使う場合
vc100
C++環境を使う場合で、Visual Studio 2010の場合
vc110
C++環境を使う場合で、Visual Studio 2012の場合
vc120
: C++環境を使う場合で、Visual Studio 2013の場合
vc140
C++環境を使う場合で、Visual Studio 2015/2017/2019の場合
py27
Python 2.7を使う場合
py36
Python 3.6を使う場合
py37
Python 3.7を使う場合

omniORB 4.2.3を64bitのPython 3.7の環境で使用する場合、omniORB-4.2.3-x64-vc140-py37.zipをダウンロードします。

omniORBのファイルのインストールの仕方

ダウンロードしたZIPファイルを展開すると、以下の様なディレクトリツリーが展開されます。それぞれのディレクトリ下のファイルを以下の指示通りに Python のディレクトリにコピーしてください。

なお、omniORBpyのバージョンをx.y、PythonのバージョンをX.Yとして記述しています。

 + omniORBpy-x.y
  + bin
    + x86_win32 -> exe、dllともにC:\PythonX.Y直下へ
  + doc -> 削除してもよい
  + examples -> 削除してもよい
  + idl -> 削除してもよいがC:\PythonX.Y\Lib\site-packages\omniORB\idl以下においておいてもよい
  + lib
    + python -> 以下のディレクトリとファイルを丸ごとC:\PythonX.Y\Lib\site-packages直下へ
    + x86_win32 -> .pydをC:\PythonX.Y\Lib\site-packages直下へ

Doxygen

のWebページからWindows版のバイナリ実行形式ファイルをダウンロードして実行してインストールしてください。

 ソースパッケージの取得

まず下記リンクよりソースコードファイルOpenRTM-aist-Python-1.2.x.zipをダウンロードし、適当なディレクトリに展開します。

ビルド

コマンドプロンプトを起動し、先程ソースコードを展開したフォルダーに移動後、以下のコマンドにてビルドを行います。

 > python setup.py build

インストール

すべてが正しくビルドできたら、以下のコマンドにてインストールを完了させます。

 > python setup.py install

以上で、OpenRTM-aist-pythonのインストールは終了です。

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1838
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク