インストール方法

rtshellのインストールにはrtshellがPythonのプログラムであるため、OpenRTM-aist-Pythonのインストールが必要になります。よって、インストールはOpenRTM-aist-Pythonとrtshellのインストール、およびPythonの実行環境のインストールが必要になる場合があります。(Linuxの一括インストールはそのスクリプトの中でPythonのインストールを行いますが、Windowsのmsiのケースは前もってインストールをする必要があります。なお対応しているPythonのバージョンはダウンロードページをご確認ください。 )

Windowsへのインストール

msiインストーラーによるOpenRTM-aistをインストールしてください。手順については下記のページを参照してください。
OpenRTM-aist 1.2系のインストール(Windows、msiインストーラー使用)

rtcwdコマンドの確認

コマンドラインでrtcwdコマンドを実行できるか確認してください。

 > rtcwd
 'rtcwd' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
 操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

このメッセージが表示された場合は、rtshell_post_installを実行してください。

 > rtshell_post_install -n
PythonをProgram Files下にインストールされている場合は、管理者でコマンドプロンプトを起動してください。

 > rtcwd
 rtcwd: Invalid CORBA naming service: localhost
このメセージは、動作確認(Windows編)で説明していますName Serverの起動を実行していないためですので問題ありません。

Linux環境へのインストール

一括インストールスクリプトを用いて、"-l c++"と"-l python"と"-l rtshell"オプションでrtshellをインストールをした後にrtshell_post_installを実行してください。

Ubuntu 18.04の場合:

一括インストールスクリプトをダウンロードしたディレクトリに移動し、以下のように入力します。

 $ sudo sh pkg_install_ubuntu.sh -l c++ -l python -l rtshell --yes
 $ sudo rtshell_post_install

実行を修了したら、一度ターミナルを閉じてください。

Raspbianの場合

一括インストールスクリプトをダウンロードしたディレクトリに移動し、以下のように入力します。

 $ sudo sh pkg_install_raspbian.sh -l c++ -l python -l rtshell --yes
 $ sudo rtshell_post_install

なおRaspbianの環境では現状問題が報告されており下記の方法で対処してください。

上記の実行後、sudoをつけないで

 $ rtshell_post_install

と実行し、最初の2つの問い合わせには下記のように’’n’’と答え、最後の問い合わせのみにyと答えてください。

 Link man pages? n
 Link documentation? n
 Add shell support to .bashrc? y

実行を完了したら、一度ターミナルを閉じてください。

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1881
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク