付録

Raspberry Pi へのファイルコピー

Raspberry Pi の設定画面(Raspi-config)にて SSH を有効に設定することで、sFTP が利用できるようになります。 Windows から sFTP で Raspberry Pi に接続する場合には sFTP に対応したソフト(WinSCP など)を使用します。

こちらから WinSCP のダウンロードページに移動することができます。

4_app1.png
4_app2.png
図4-1 sFTP 接続

VNC(Virtual Network Computing)の利用

Raspbian のGUI 環境を開発用PC上で操作するために、VNCサーバーをインストールします。

こちら から VNC をダウンロードすることができます。


$ su
# apt-get install tightvncserver


インストール途中で、VNCサーバーに接続する際のパスワード入力を求められますので、適当なパスワードを設定します。 VNCサーバーをインストール後、開発用PC からターミナルを使用して Raspberry Pi に SSH 接続し、VNCサーバーを起動します。


$ vncserver :1 -geometry 1024x600 -depth 16 -pixelformat rgb565


4_app3.png
図4-2 VNCサーバーの起動

Windows から VNCサーバーに接続する場合には、VNCクライアントソフト(RealVNC など)を使用します。

4_app4.png
図4-3 VNC 接続

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1811
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク