OpenRTM付属のサンプルについて

OpenRTM-aistにはいくつかのサンプルコンポーネントが付属しており、簡単に使ってみれます。 (CameraViewer/OpenCVCameraコンポーネントにはOpenCVが必要です。) また、サンプルコンポーネントのソースコードも付属していますので、開発の参考にしてください。

本章では、OpenRTM-aistに付属のサンプルについて説明します。サンプルコンポーネントを使ってみる場合は、サンプルコンポーネントを起動する前にネーム・サービスを起動しておいてください。ネーム・サービス用のプログラムとしては以下のものが用意されています。

    • Start Naming Service.bat (C++)
    • rtm-naming.py (Python)

Windowsでネーム・サーバーを実行するには、該当するファイルをエクスプローラーで見つけダブルクリックしてください。インストーラーを用いてインストールした場合は、[スタートメニュー]>[OpenRTM-aist]>[Start Naming Service]としてもネームサービスを起動できます。 なお、本章ではRTSystemEditorがインストールされた環境であることを想定して説明しています。 RTSystemEditorのインストールについての詳細は、OpenRTPのインストールを参照してください。

ダウンロード

最新バージョン : 2.0.0-RELESE

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1919
プロジェクト統計
RTコンポーネント300
RTミドルウエア30
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク