Chromakey

OpenRTM-aistのPython版、Java版には付属していませんのでご注意ください。また、Linux上では、LinuxにおけるOpenCVサンプルコードのビルド手順に従ってビルドしてインストールしてください。

概要

Chromakeyは、2つの画面をクロマキー合成をするOpenCVコンポーネントのサンプルです。 OpenCVCamera、CameraViewerといっしょに使用します。

使い方

Chromakeyは、ある特定の色を背景(例えば緑色)として撮影を行った画像のその特定色のところを透明化して、別の画面と合成するクロマキー合成という手法を実現するRTCコンポーネントです。 実行にあたっては、OpenCVCameraコンポーネントを2つ起動して2つの画面を取り込みます。また出力はCameraViewerコンポーネントを使用します。
  • 合成する2つの画面
    foreground.png
    前面画像

background.png
背景画像

  • 手順 (Windows環境)
    • OpenRTPの起動手順(1.2系、Windows)に従いOpenRTPを起動しRTSystemEditorを起動し、Name Service ViewにRTCが表示されるようにします。RTSystemEditorの使用方法の詳細についてはRTSystemEditorを参照してください。
    • 管理者権限でコマンドプロンプトを開きOpenCVCameraコンポーネントを2つ実行できるようにします。
      • rtc.confを編集します。例えば、以下のようなコマンドを入力し編集を行います。
         > cd "\Program Files\OpenRTM-aist\1.2.1\Components\C++\OpenCV\vc14"
         > notepad rtc.conf
        とし、以下の行を付け加えます。
         manager.components.naming_policy: ns_unique
      • コマンドプロンプトを閉じます。
    • エクスプローラーで\Program Files\OpenRTM-aist\1.2.1\Components\C++\OpenCVとたどります。
    • CameraViewer.batをダブルクリックします。
    • OpenCVCamera.batをダブルクリックします。
    • OpenCVCamera.batをもう一度ダブルクリックします。
    • Chromakey.batをダブルクリックします。
    • RTSystemEditorの画面のName Service viewのところの[>]をクリックして、起動したコンポーネントCameraViewer0、Chromakey0、OpenCVCamera0、OpenCVCamera1のコンポーネントが表示されているのを確認します。
    • RTSystemEditorで上部の[Open New System Editor]ボタンicon_open_editor_ja.png をクリックし、新規System Editorを開き、[System Dialgram]を新たに表示させます。
    • 上記の4つのコンポーネントをSystem Diagram上にドラッグ&ドロップします。
    • 下記の画面のように各コンポーネントのポートを接続します。
      RTSE_chromakey.png
      Chromakeyコンポーネントの接続
    • OpenCVCamera0コンポーネントを右クリックして、[Activate]を選択します。緑色に表示が変わらない場合は、このコンポーネントを選択後、下部のConfiguration Viewを開き、[編集]をクリックし、device_numを接続されている、前面画像撮影用のUSBカメラに対応している番号に変え、[適用]ボタンをクリックします。
    • OpenCVCamera1コンポーネントを右クリックして、[Activate]を選択します。緑色に表示が変わらない場合は、このコンポーネントを選択後、下部のConfiguration Viewを開き、[編集]をクリックし、device_numを接続されている、背景画像撮影用のUSBカメラに対応している番号に変え、[適用]ボタンをクリックします。
    • どれかのコンポーネントを右クリックし、[Activate Systems]を選択します。
    • 画面のウィンドウを動かしながらCameraViewerの画面を表示させます。
    • [System Dialog](System Editor View)上のChromakey0コンポーネントをクリックします。すると下部にConfiguration Viewが表示されます。もし表示されない場合は[Configuration]タブをクリックしてください。
    • [編集]ボタンをクリックしてクロマキーカラーの設定をします。 lower_blue、uppder_blue、lower_green、upper_green、lower_red、upper_redの値を前面画像でバックグラウンドとして透明化する色(この例では緑色)のRGB値の青、緑、赤の成分範囲値を設定します。
    • [適用]ボタンをクリックします。
    • 下記のように2つの画像が合成されるの確認してください。
      ChromakeyCameraViewer.png
      クロマキー合成出力画像

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1820
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク