GUIIn

このサンプルは、OpenRTM-aistのJava版のみに付属しています。C++版、Python版に付属していませんので注意ください。

概要・起動画面

GUI画面を持ったRTコンポーネントのサンプルです。Windowsの場合はGUIIn.bat、Linuxの場合はGUIIn.shを実行することでサンプル・コンポーネントが起動します。

GUIIn_example.png
GUIIn実行例(GUIIn)

GUIIn_example_rtse_ja.png
GUIIn実行例(RTSystemEditor接続画面)

各GUI要素とPort間の関係は以下のとおりです。
  • スライダ(上): TimedLong型OutPort
  • テキスト・ボックス(中): TimedString型OutPort
  • スピナ(下): TimedDouble型OutPort

各Portは該当するPort間を接続後、GUI要素横のチェックボックスをONにすることで、入力データを送信します。(Port間の接続にはRTSystemEditorをご利用ください。出力データの確認にはSeqInなどの他サンプルをご利用ください。)

使い方

GUIInコンポーネントのGUI画面でチェックを入れたコントロール(スライダー、スピナ)を操作すると、その値の変化にしたがってSeqInのコンソール画面上の値も変化します。

  • 手順
    • RTSystemEditorを起動し、新規のSystemEditorを開きます。RTSystemEditorの使用方法の詳細についてはRTSystemEditorを参照
    • GUIInとSeqInの両コンポーネントを起動します。コンポーネントの起動はOSによって異なります。Windowsの場合はGUIIn.bat、Linuxの場合はGUIIn.shを起動します。
    • RTSystemEditorのName Service Viewにこれらのコンポーネントが現れるので、二つともSystem Editor上にドラッグします。
    • 両コンポーネントの対応ポートを結びます。(上図GUIIn実行例を参照)
    • どちらかのコンポーネントを右クリックし、[Activate Systems]を選択します。

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1820
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク