第31回 日本ロボット学会 学術講演会においてOS「RTミドルウエアとオープン化」が9月5日に開催されます

4 Sep , 2013

mergin=10 10 10 10

第31回 日本ロボット学会学術講演会(場所:首都大学東京・南大沢キャンパス)が9月4日から始まりました。 当学術講演会のオーガナイズドセッションとして「RTミドルウエアとオープン化」が9月5日に開催されます。 プログラムは以下の通りとなっております。RTミドルウエア関連の発表が9件ございますので、ぜひとも足をお運びください。

  • 日時: 2013年9月5日(木), 10:00-11:00, 13:00-14:15
  • 場所: 首都大学東京 南大沢キャンパス J室
  • セッション番号: 2J1, 2J2: RTミドルウエアとオープン化

プログラム

9/5(木) J室
OS:RTミドルウエアとオープン化(1/2)
座長: 中本啓之氏(セック)、高倉広義氏(サンリツオートメイション)
10:00-10:15 2J1-01: 関山 守他, RTルームデモシステムにおけるRaspberryPiの連続運用のための予備評価' [PDF]
10:15-10:30 2J1-02: 村上 青児他, 組込み用Linuxボード,BeagleBone Blackにおける RTミドルウェアの動作と開発支援ツール
10:30-10:45 2J1-03: 安藤 慶昭他, RaspberryPi用拡張入出力ボード:PiRT-Unit
10:45-11:00 2J1-04: 関山 守他, RaspberryPi用拡張ボードPiRT-Unitを用いたI2CデバイスのRTコンポーネント実装
OS:RTミドルウエアとオープン化(2/2)
座長: 中村憲一氏(アップウィンドテクノロジー)、菅祐樹氏(SUGAR SWEET ROBOTICS)
13:00-13:15 2J2-01: 林優介他, RTミドルウェアを用いた自動地図生成システムの構築
13:15-13:30 2J2-02: 関山守他, RTシステム開発における設計支援ツールZIPCの運用連係に関する評価
13:30-13:45 2J2-03: 原 功他, RTミドルウェアを用いたシステム開発環境のクラウド化について
13:45-14:00 2J2-04: 岩永寿来他, ロボットシステム開発におけるSysMLの活用
14:00-14:15 2J2-05: 大原 賢一他, RTコンポーネント間の画像転送速度改善に向けた画像圧縮技術適用の有用性

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1885
プロジェクト統計
RTコンポーネント300
RTミドルウエア30
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク