過去のに掲載した FAQ


Visual C++ 2005 Express Edition でビルド時に「'windows.h'が見つからない」と表示される

Visual C++ 2005 Express Edition でビルド時に次のようなエラーが表示される場合があります。

 >c:\program files\omniorb\include\omnithread\nt.h(35) : fatal error C1083:
 include ファイルを開けません。
 'windows.h': No such file or directory

原因1:Microsoft Platform SDK がインストールがされていない
対応方法:Microsoft Platform SDK をインストールする。
原因2:インクルードファイルパス・ライブラリパスの設定不備
対応方法:インクルードファイルサーチパスやライブラリサーチパスに Microsoft Platform SDK のインストールディレクトリーを追加する

インストールをする順序などの関係で、Visual C++ 2005 Express Edition のインストールディレクトリーとは違う場所に Microsoft Platform SDK がインストールされてしまうなどの事情で、Visual C++ 2005 Express Edition のコンパイラが Microsoft Platform SDK のインクルードファイルやライブラリをたぐれなくなっている場合があります。この場合は、インクルードファイルサーチパスやライブラリサーチパスに Microsoft Platform SDK のインストールディレクトリーを追加することで問題を解決できます。

インクルードファイルサーチパスの追加方法
Visual C++ 2005 Express Edition のメニューバー > [ツール] > [オプション] を選択し、「オプション」ウィンドウを開きます。左のツリービューから「プロジェクトおよびソリューション」>「VC++ディレクトリー」を選択します。
右上のプルダウンメニュー「ディレクトリーを表示するプロジェクト」を「インクルード ファイル」として、Microsoft Platform SDK のインクルードファイルのディレクトリー(例えば、「C:\Program Files\Microsoft Platform SDK\Include」)をインクルードファイルのサーチパスに追加します。
ライブラリファイルサーチパスの追加方法
同様にして、「オプション」の左のツリービュー「VC++ディレクトリー」を選択した状態で、右上のプルダウンメニューから「ディレクトリーを表示するプロジェクト」を「ライブラリ ファイル」として、Microsoft Platform SDK のライブラリファイルのディレクトリー(例えば、「C:\Program Files\Microsoft Platform SDK\Lib」)をライブラリファイルのサーチパスに追加します。
なお、サーチパスの具体的な追加方法などは Visual C++ 2005 Express Edition のヘルプ等を参照してください。


「java -version」がインストールした JDK のバージョンと異なる。

すでに JDK よりも新しいバージョンの JRE(Java Runtime Environment)がインストールされている場合は、JDK をインストールしても「java -version」が JRE のままになることがあります。この場合のインストールの確認方法を説明します。

「プログラムの追加と削除」での確認方法:Windowsのコントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を呼び出し、JDK5 がインストールされていることを確認してください。

add_or_delete_ja.png
JDK5を「プログラムの追加と削除」で確認

マイコンピューターからの確認方法:JDK をデフォルトでインストールした場合には、通常

 C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_21
というようなパスにインストールされるので、マイコンピューターで直接そのフォルダーの存在を確認します。

confirm_Java_ja.png
マイコンピューターからJDK5を確認




Python2.6 + omniORBpy-3.4 で omniORB のインポート時に「importError: DLL load failed」エラーが発生する

mscr71.dll が見つからないために発生するエラーです。msvcr71.dll をこちらから入手して、パスが通ったところにコピーしてください。

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1730
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア22
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム