URGセンサRTコンポーネント on Armadillo240

URGセンサRTコンポーネント on Armadillo240

投稿者: 
s-kurihara
URGセンサRTコンポーネント on Armadillo240

概要

Armadilloと北陽電機URGセンサとを組み合わせ、分散センサシステムを簡単に構築するためのユニットです。 Armadillo240上ではURGセンサRTコンポーネントが動作します。

特徴

  • Armadillo電源投入と同時にRTCが自動起動
  • PoE (Power over Ether) 対応のArmadilloを使用することで、LANケーブルのみで通信・給電が可能
    (URGセンサもPoE からの電源供給で動作します。)
  • ケーブル1本のみでセンサ配置が可能なので、分散センサシステムを容易に構築可能

Armadillo-240の仕様

  • 仕様
    • CPUコア : ARM920T (200MHz)
    • SDRAM : 64MB
    • フラッシュメモリ : 8MB
問合先(メールアドレス): 
contact@openrtm.org
Resources
Project Information
OS: 
Linux
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
0.4
1.0
Average: 
0
まだ投票はありません
最終更新日時: 
水, 2011-09-21 17:23

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1821
プロジェクト統計
RTコンポーネント295
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク