Japan Robot Week 2018 RTM講習会

開催報告

2018年10月18日(木)に東京ビックサイトにおいて、Japan Robot Week 2018-RTミドルウエア講習会を開催いたしました。

日時・場所

  • 日時: 2018年10月18日(木), 10時00分~16時30分
  • 場所: 東京ビックサイト 会議棟6F 601会議室
  • 参加者:実習 2名,(+講師・スタッフ3名)
  • 参加費: 無料

プログラム

10:30 -11:30 第1部:RTミドルウエア: OpenRTM-aist概要
担当:原 功 氏 (産総研)
概要:RTミドルウエアはロボットシステムをコンポーネント指向で構築するソフトウエアプラットフォームです。RTミドルウエアを利用することで、既存のコンポーネントを再利用し、モジュール指向の柔軟なロボットシステムを構築することができます。RTミドルウエアの産総研による実装であるOpenRTM-aistについてその概要について説明します。
11:30 -12:30 昼食
12:00 -12:30 RTミドルウェア普及貢献賞授賞式
12:30 -15:00 第2部:RTコンポーネントの作成入門
担当:宮本信彦 氏(産総研)
概要:RTシステムを設計するツールRTSystemEditorおよびRTコンポーネントを作成するツールRTCBuilderの使用方法について解説するとともに、RTCBuilderを使用したRTコンポーネントの作成方法を実習形式で体験していただきます。
チュートリアル(第2部、Windows)
チュートリアル(第2部、Ubuntu)
15:00 -16:30 第3部:RTシステム構築実習
担当:宮本信彦 氏(産総研)
概要:OpenRTM-aistを利用してロボットを制御するプログラムを実際に作成します。
チュートリアル(第3部)


事前準備

講習会参加に必要な環境

  • ノートPC
    • 第2部ではノートPCを用いた実習を行うため、ノートPCの用意をお願いします。 ノートPCが用意できない場合は貸し出します。当日申し出てください。
    • ノートPCにウイルス対策ソフトをインストールしている場合は、教材ロボットと通信できなくなる場合があるため無効にしてください。 無効にできない場合はこちらで用意したノートPCを貸し出します。
  • 資料
    • 説明資料等を講習会当日にUSBメモリで配布する予定ですが、何らかの理由によりUSBメモリを利用できない場合は以下のZIPファイルをダウンロードしてください。
    • OS: Ubuntuの場合
      • OpenRTM-aist

 $ git clone https://github.com/n-ando/xenial_package.git
 
 ubuntu 16.04 (64bit) の場合
 $ cd xenial_package/xenial/main/binary-amd64/
 
 C++版のインストール
 $ sudo dpkg -i openrtm-aist_1.1.2-0_amd64.deb
 $ sudo dpkg -i openrtm-aist-example_1.1.2-0_amd64.deb
 $ sudo dpkg -i openrtm-aist-dev_1.1.2-0_amd64.deb
 
 Python版のインストール
 $ sudo dpkg -i openrtm-aist-python_1.1.2-1_amd64.deb
 $ sudo dpkg -i openrtm-aist-python-example_1.1.2-1_amd64.deb
 
 RTSystemEditor/RTCBuilderのインストール
 $ sudo dpkg -i openrtp_1.2.0-0_amd64.deb

      • g++

 $ sudo apt-get install gcc g++

      • omniORB

 $ sudo apt-get install libomniorb4-dev omniidl omniorb-nameserver
 $ sudo apt-get install python-omniorb-omg omniidl-python

      • CMake

 $ sudo apt-get install cmake

      • Doxygen

 $ sudo apt-get install doxygen

      • JDK

 $ sudo apt-get install default-jdk

      • Premake

 $ sudo apt-get install premake4

      • RaspberryPiMouseSimulator コンポーネント

 $ wget https://raw.githubusercontent.com/OpenRTM/RTM_Tutorial_Waseda2018/master/script/install_raspimouse_simulator.sh
 $ sudo sh install_raspimouse_simulator.sh

      • Code::Blocks(任意)

 $ sudo apt-get install codeblocks

講習会の様子

181019-01re.jpg

181019-02re.jpg

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1730
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア22
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム