OpenRTM-aist-Java-1.2.0-RELEASE

java_logo.png


インストール手順については以下のページを参照してください。

Windows インストーラー

32bit用

Windows 用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell(4.2.2) 含む)
(Visual Studio 2008、2010、
2012、2013、2015、2017 共通)
OpenRTM-aist-1.2.0-RELEASE_x86.msi
MD5:abef26d7b3fa89f1ed8c7b96ea1a452b
2019/03/15
Python-2.7 python-2.7.16.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.3.exe python.org
  • ※ Python は、"2.7" "3.6" "3.7" のいずれかのバージョンをインストールして下さい。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。ただし、OpenRTM-aist 1.1.2版msiでインストールした場合は事前の削除は不要です。

64bit用

Windows 用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell (4.2.2) 含む)
(Visual Studio 2010、2012、
2013、2015、2017 共通)
OpenRTM-aist-1.2.0-RELEASE_x86_64.msi
MD5:7a2670eb70a3e53abc819fa722be690a
2019/03/15
Python-2.7 python-2.7.16.amd64.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8-amd64.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.3-amd64.exe python.org
  • ※ Python は、"2.7" "3.6" "3.7" のいずれかのバージョンをインストールして下さい。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。ただし、OpenRTM-aist 1.1.2版msiでインストールした場合は事前の削除は不要です。

インストールについては、OpenRTM-aistを10分で始めよう! のページで手順を紹介しています。

Linux パッケージ

現在のところ、以下のディストリビューション・バージョンでパッケージを提供しています。
以下で配布しているインストールスクリプトを利用すれば、必要なパッケージを一括でインストールすることができます。

ディストリビューション・バージョン 一括インストールスクリプト
Ubuntu 14.04 (trusty) i386/amd64
Ubuntu 16.04 (xenial) i386/amd64
Ubuntu 18.04 (bionic) amd64
Ubuntu 18.10 (cosmic) amd64
pkg_install_ubuntu.sh
Debian 8.0 (jessie) i386/amd64
Debian 9.0 (stretch) i386/amd64
pkg_install_debian.sh
Fedora 27 i686/x86_64
Fedora 28 i686/x86_64
Fedora 29 i686/x86_64
pkg_install_fedora.sh

オプションを指定することで、目的に合わせたパッケージをインストールすることができるようになりました。インストール方法やオプション、パッケージの種類につきましては、一括インストール・スクリプト をご確認ください。

Java 開発環境

OpenRTM-aist-Java-1.2.0の動作および開発には以下の JDK が必要です。

リリースノート: 1.2.0-RELEASE

機能に関する変更

    • 雑多なバグフィックス
    • マネージャ起動時にポートを接続する機能
    • マネージャ起動時にコンポーネントをアクティベーションする機能
    • CORBA_RTCUtil:コンポーネント操作関数群の導入
    • トピックベースのポート接続機能
    • 共有メモリ通信データポート(shared_memory型インターフェース)
    • 同一プロセス内通信のデータ転送を変数で渡すダイレクト接続データポート(direct型インターフェース)
    • 名前付けポリシー機能の拡張(同一ネームサーバー、同一ノードで独自のインスタンス名を設定する)
    • rtcloc形式のコンポーネント指定方法(マスターマネージャに登録されたスレーブマネージャからコンポーネントを名前で検索)
    • rtcname形式のコンポーネント指定方法(ネームサーバーに登録されたコンポーネントを名前で検索)
    • デフォルトでデータポートの二重接続を許可しない機能
    • LogstreamBase:ロガー機能の拡張
    • コンポーネントオブザーバのデータ入出力検知機能
    • モジュール探索パスのサブディレクトリのモジュールを探索する機能

      ユーザービリティに関する変更

    • Ubuntu、Debian、Fedora 環境でパッケージによるインストール可能

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenHRI

Human-Robot-Interaction RTCs

OpenRTP

Integrated Development Platform

OpenINVENT

Mobile Robot RTCs